ABOUT | 山ぶどうジャムの中央バター商会

ABOUT

こちらは岩手で「山ぶどう(岩手県産)」を使用した加工食品を製造販売しているメーカーです。

1967年に「山ぶどうジャム」を開発して以来、地元の岩手県産の山ぶどうでジャムやジュースを作り続けています。

大量生産はできませんが、専用の釜で丁寧に炊き上げております。
栄養たっぷりの岩手の山ぶどうで作ったジャムやジュースをお届けいたします。

▪山ぶどうについて
岩手では古くから産前産後の女性をはじめ、健康に良い飲み物として山ぶどうを愛飲する習慣がありました。
ポリフェノールは、普通のぶどうの約8倍、鉄分は3倍、ビタミンCは4倍もあります。
また、岩手県は日本一の山ぶどうの生産地です。その中でも寒冷地として知られる久慈・九戸地方の冷涼な気候が山ぶどうをじっくり成熟させるのです。

▪「釜」について
「山ぶどうジャム」開発時から使い続けている「釜」があります。もちろん今でも現役です。
その伝統の「釜」で、温度、時間、ジャムの色、炊き具合等を確かめながら丁寧に作っています。
この「釜」でなければ出せない味わい、香り、色合いがあります。
これからも大切に使い続けていきます。

▪80kgのこだわり
中央バター商会のジャムは、一度に80kg以上のジャムを炊くことをしません。
高品質なジャムの製造には、職人の細かな調整が必要となるからです。
全自動の大量生産ではない「中央バター商会のジャム」の味・香り・品質を維持していくためには、
この釜で、この製法でつくることが不可欠となります。


公式ホームページ http://www.chuoubutter.com